〔 美容と体質の関係 〕

悩みはお顔だけなのに、なぜ体を整える必要があるのでしょうか?
それは、お顔も体の一部。美容のお悩みの症状と切っても切れない関係があるからです。
体質と美容のお悩みの関係を少しだけご紹介します。

・顔がむくみやすい

・目が腫れぼったい

・皮膚を引っ張ると毛穴が消える

そんなあなたは

体に水を溜めやすい体質 かも

体に余分な水分が溜まり、顔も体も一回り大きくなって重く感じているタイプ。

こんな方は、他にも
・頭痛やめまい
・雨の日に調子が悪い
・リンパが腫れやすい
などといった症状をお持ちかもしれません。
鍼灸で水を流すツボを刺激することで、水の排泄を促し、アゴラインをすっきりさせましょう。

・眉間のしわ

・顎関節症

・眼精疲労

・肝斑

そんなあなたは

ストレスの発散が苦手な体質 かも

日々の緊張感を持って過ごし、リラックスできていない、ストレスの発散が苦手なタイプ。

こんな方は他にも
・慢性的な肩・首の凝り
・イライラしやすい
・呼吸が浅い
・顔がくすんでいる
などといった症状をお持ちかもしれません。

鍼灸でリラックスを促し、凝りを緩めことで、あごや眉間にかかっている余分な力を減らしましょう。また、お顔への血流量を増やしましょう。

・乾燥肌(アトピーを含む)

・ドライアイ

・小じわが気になる

・目がピクピク痙攣する

血が不足しやすい体質 かも

部分的か全体的に、血液の循環が少なくなっているタイプ。

こんな方は他にも
・足がつりやすい
・顔が青白い
・生理の量は少ないが、生理痛がある
などといった症状をお持ちかもしれません。

鍼灸で血流量を増やすツボを刺激することで、顔色を良くしたり、目や皮膚に潤いを届けましょう。


〔 鍼灸美容 の流れ 〕

0、初回カウンセリング

初回のみカウンセリング(20分程度)行い、身体の健康状態との対応を診ていきます。

1、全身調整のための体の鍼

手足に数本鍼を打ちます。むくみ、イライラ・肩こり・胃腸の弱りなど、お顔の症状に関係する身体の不調にアプローチした鍼です。顔の治療中の「のぼせ」予防にも有効です。

2、顔への鍼

自分では取れないお顔のコリにはもちろん、血液循環・引き上げを促す頭皮やデコルテにも鍼をします。

3、ローラー鍼

ローラー型の刺さない鍼で、お顔全体の筋肉と皮膚を刺激し、最後の調整を行います。