【受付】平日9:30~17:30、土曜は9:30~13:00 【定休日】木・日※祝日も開院
HOME ブログ ひだまり通信 (西洋医学)不妊治療の勉強会に行ってきました。
ひだまり通信

(西洋医学)不妊治療の勉強会に行ってきました。

2018.01.26

2018/1/21(日)

現在の不妊治療の実際を、現場の専門家から勉強させていただきました。
講師は 徳島大学病院産婦人科医 桑原章 先生
よつばウィメンズクリニック胚培養士 木下治美 先生

そして、不妊治療を経験されて出産されたMC(佐藤泰子)さんの司会で、医師と培養士さんから直接、不妊治療の現場の様子を説明いただき、質問をさせていただけました。

内容は、「体外受精と顕微受精・胚移植の方法と方針。それぞれの妊娠率について。」

不妊治療は、専門用語やアルファベットが並んでいて、初めてだといまいち流れが掴みにくいですが、
今回の勉強会は医療関係者ではなくてもわかりやすい内容でした。

実際の胚の培養をしていく様子を動画で見せていただけたり、とイメージもしやすかったです。
さらに、

・どこからどこまでが本当に必要な検査なのか

・妊娠に至るまでのいくつもの関門

・転院を考える時の条件

・高齢出産のリスク

などなど、不妊治療を受ける女性(男性)が治療を選択する指標になる内容でした。

さらに、医師からこんな裏話も聞けちゃいました。

・不妊治療の流行り廃りについて

・「次もダメなんじゃないか」と考えてしまう方に、先生がいつもかけられる一言

・医師に治療内容の希望を伝えたいときの方法

などなど

そしてそして、鍼灸師として思うことも沢山。
「鍼灸でお力になれそうなこと」も具体的に発見がありました。
それについてはちょこちょこアップしていきますね。